podcast版 Yogaだより

Yogaだよりを音声で聴けます

詳細はこちら

ポーズ(アーサナ)

概要

アーサナはサンスクリット語のアスに由来されていて、座るためのもの、または椅子という意味で、座っている時の姿勢を表します。
現在、アーサナにはたくさんの種類がありますが、それらは正しく座れるようになるための過程であり、呼吸法や瞑想の前準備としてあります。

八支則の要素の一つ

紀元前3~6世紀頃(弥生時代~古墳時代)、パタンジャリによって編纂されたヨーガ・スートラの中でヨガの8つの要素が記載されています。
現在、ヨガ=ポーズ(アーサナ)というイメージが強いですが、本来は以下の8つの要素をヨガといいます。

ヨーガ八支則
1.ヤマ(社会規律)アヒンサー(非暴力)
・サティヤ(正直)
・アスティヤ(不盗)
・ブラフマチャーリア(禁欲)
・アパリグラハ(不貧)
2.ニヤマ(個人規律)・シャウチャー(清浄)
・サントーシャ(知足)
・タパス(苦行)
・スヴァディアーヤ(読誦)
・イーシュヴァラプラニダーナ(祈念)
3.アーサナ(座法)ポーズ
4.プラーナーヤーマ(調気)呼吸法
5.プラティアーハーラ(制感)感覚制御
6.ダーラナー(集中)集中
7.ディアーナ(瞑想)瞑想
8.サマーディ(三昧)統合(心の死滅)

パタンジャリのアーサナの定義

•sthira  (スッティラ)・・・安定=身体面
•sukha  (スッカ)・・・快適=心理面
•asana(m)(アーサナ)

パタンジャリのヨーガ・スートラ

1、体が安定していて、心が快適なのがアーサナ

・purayatna(プラヤットナ)・・・努力、緊張
・saithlya(シャイテリヤ)・・・リラックス、緩める 
・ananata(アナンタ)・・・無限の
・samapattibhyam(サマパッティ)・・・同一視

パタンジャリのヨーガ・スートラ

= 努力を緩め無限なものに心を写す。   

2、最小限の努力

3、集中

「無限なものに心を写す」どういう意味かしら?

広美
広美

この世で無限なものは何だろう?と考えてみてください。
体、お金、仕事、家、自然、地球、、etc
ほとんどのものが有限ですね。
では、無限なものは?

私は「魂」あるいは「神」だと思っています。

ですが、アーサナをしながら「魂や神に意識を向ける」ことは、誰もが簡単なことではありません。
ですので、まずは意識を心身に向けて「3、集中」することが、無限なものに心を写す近道です。

パタンジャリのアーサナまとめ

①動的な段階にある時

最小限の努力で、リラックスする

※リラックスすることで、心身が統合する

②静的なじっとしている時

安定していて快適であること

③上記①②の状態である時

➡その姿勢が永遠に保持できるよう無限なものに意識を向ける。(集中)

※結果に執着せず、集中することで・・・

「葛藤が消え、心身のバランスがとれ、病気がなくなる」

パタンジャリのヨーガ・スートラ

アーサナの種類

•ハタ・プラディピカー(1350~1550 室町時代)
ハタ・ヨガの古典テキスト
(ハタ・ヨガについて書かれたものでこれ以上のものはないとされている。)
4章で構成

15種類のアーサナを説いています。その中でも以下の4種類が優れたアーサナとされています(4大アーサナ)。

広美
広美

見事にすべて座位ですね~

 

・ゲーランダ・サンヒター(1675~1700 江戸時代)
ハタ・ヨガの古典テキスト
7章で構成

アーサナの総計は生き物の数に等しく、84000のアーサナが説かれた。その中で84のアーサナが優れ、更に現代社会においては32のアーサナが素晴らしい。

ゲーランダ・サンヒター

32種類のアーサナが紹介されています。

広美
広美

アーサナの数はたくさんあることはわかりましたが、古典テキストの中で具体的に紹介されているものは数十種類です。

アーサナの分類

①瞑想用のアーサナ

<特徴>

  • 頭、首、胴体を安定させて、快適な姿勢を一定時間維持して、心身を鎮静化する

  • 同じ姿勢で長時間座れる状態
  • 48分座ることを、アーサナ・シッダという
  • 3時間座ることを、アーサナ・ジャヤという

<アーサナの例>

②身体トレーニング用のアーサナ   

<特徴>

  • 静的なストレッチングの動作を伴うアーサナ
  • 良好な筋緊張がある
  • 脊柱に柔軟性をもたらす
  • 背筋と脊髄筋を強化する
  • 胸腔や腹腔内の内臓の機能を刺激する(特にうつ伏せ)
  • 瞑想用のアーサナの準備になる
広美
広美

「静的」がポイントです。「動的」になるとアーサナではなく、運動になります。
パタンジャリのアーサナの定義に沿って行いましょう♪

<アーサナの例>

③リラクゼーション用のアーサナ

<特徴>

  • 身体と心に休息を与えるためのアーサナ
  • 仰向けかうつ伏せで行われ、種類は少ない

<アーサナの例>

シャヴァ・アーサナ
マッカラ・アーサナ

まとめ

重複しますが、「ヨガのアーサナは座る姿勢を意味し、呼吸法や瞑想に繋げていくもの。」
これがまとめになります。
意外でしたか?予想通りでしたか?
ヨガの目的は「心の動きを静めること」です。
目的を把握していれば、意外ではないと思います。
「今、私はなぜアーサナをしているのか?」
目的がわかると体の動かし方が変化していきます。
比較や執着を手放して、ブロックをほどいていきましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました