podcast版 Yogaだより

Yogaだよりを音声で聴けます

詳細はこちら

椅子のポーズ(ウッカタ・アーサナ)

概要

ウッカタとは椅子、または強烈なという意味です。つま先立ちでバランスを取りながら、椅子に座るかのようにお尻を踵方向におろしていきます。今回はテクニックを2種類紹介します。
古典テキストのゲーランダ・サンヒターに掲載されています。

テクニック①

  1. 直立して立ちます。
  1. 両足を肩幅くらいに開いて、つま先立ちになり、両腕を肩の高さまで持ち上げます。
hiromi
hiromi

バランスが取りにくい場合は踵を低く上げるか、踵を上げずに行いましょう。

  1. ゆっくりと膝を曲げながらお尻を踵につけます。
hiromi
hiromi

お尻が踵につかない場合は、快適な所で保持しましょう。

  1. 両手を膝の上に置いてしばらく快適に保持します。
hiromi
hiromi

肩の力を抜いて、呼吸は一定のリズムで続けてください。

視線は1点に集中します。慣れてきたら目を閉じます。

  1. 再び両腕を肩の高さに持ち上げて、ゆっくりとつま先で立ち上がります。
hiromi
hiromi

息を吸いながら立ち上がると、スムーズです。

  1. 腕と踵を床に下ろします。

テクニック②

  1. 直立して立ちます。
  1. 両足を肩幅くらいに開いて、つま先立ちになり、両腕を肩の高さまで持ち上げます。
  1. ゆっくりと膝を曲げながら、高い椅子に座るかのようにお尻を下します。
  1. 次に中くらいの高さの椅子に座るかのようにお尻を更に下します。
  1. 次に低い椅子に座るかのようにお尻を更に下します。
  1. 最後にお尻を踵につけます。
  1. 両手を膝の上に置いてしばらく快適に保持します。
  1. 再び両腕を肩の高さに持ち上げて、ゆっくりとつま先で立ち上がります。
  1. 腕と踵を床に下ろします。
hiromi
hiromi

慣れてきたらそれぞれの保持時間を増やしていきましょう。

効果

  • バランス力を向上させる
  • 下肢の筋肉や関節を強化する

教室風景

どれくらいの高さのエアー椅子に座るかは、体の声を聞きながら行います。力まかせに行うとバランスを崩したり、足を痛める原因になります。タダー・アーサナの練習をしてからウッカタ・アーサナに入ると良いです。

まとめ

立位のアーサナ(ポーズ)はエクササイズ的な要素が入ってきます。ヨガの目的である「快適で安定していること」を基本に楽しみましょう。

エアー椅子で読書したら、椅子のありがたみを感じました(笑)でも下半身の筋力強化になっているので、頭脳も筋肉も明瞭になり一石二鳥ですよね^^


コメント

タイトルとURLをコピーしました