podcast版 Yogaだより

Yogaだよりを音声で聴けます

詳細はこちら

腹部のロック(ウディヤーナ・バンダ)

概要

ウディヤーナは「腹部」、バンダは「締め付ける、結ぶ」という意味です。
バンダはバンド(ベルトのこと)が語源と言われています。
プラーナーヤーマ(呼吸法)の前準備としてのクリヤー(浄化法)として用います。
また、消化器系、循環器系、呼吸器系、泌尿器系、神経系などの機能を高め、健康を維持するのに貢献します。

テクニック

  • 空腹時に練習します。
  • 生理中、妊娠中、不整脈、高血圧のある場合は指導者のもとで行います。
  • 腹部に痛みがある場合や心臓に問題のある場合は控えて下さい。
  1. 両足を離して直立するか、仰向けになって立膝になります。
  2. 直立の場合は膝の上に手を置き、仰向けの場合は肋骨の一番高い所に手のひらを乗せます。
  1. 完全に息を吐き出して、息を止めたまま肋骨を持ち上げ、更に腹部を窪ませます。そのままリラックスした状態で保持します。
  2. 息が苦しくなったら肋骨を下げて、ゆっくりと息を吸って緩めて下さい。
  1. 直立している場合は膝から手を離して垂直に戻ります。
  2. 3~5回繰り返します。(初心者)

効果

  • プラーナーヤーマの前準備として有効。
  • 消化器系、循環器系、呼吸器系、泌尿器系、神経系などの機能を高め、健康を維持するのに貢献します。
  • 腹部と胸部の血液循環を促進し、内臓の働きを改善します。
  • 便秘を解消します。

教室風景

教室ではほとんどの場合、やりやすい仰向けで練習します。最初からすぐできる人は少ないですので、根気よく練習しましょう。
カパーラ・バーティの練習をしてからウディヤーナ・バンダを行うとお腹の可動域が広がります。

まとめ(一言)

肋骨が浮き出るまで腹部を窪ませますので、ビジュアルが特徴的で、驚かれることも多いのですが、内臓への刺激が確実にあり、特に腸への刺激には即効性があります。
起床後、空腹の状態で水(塩、レモン汁少々入り)をたくさん飲んでからウディヤーナ・バンダをすると便秘知らずになります。
たくさんお便りがあると嬉しいですよね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました